郡山市 眼鏡専門店「Syozo ショウゾウ」

「ハイクオリティ」 「ハイセンス」 もっと素敵に輝ける眼鏡を         Syozo―ショウゾウのブログです。  

郡山市 眼鏡専門店「Syozo  ショウゾウ」 イメージ画像

素敵な眼鏡諸々

先週にスタッフ殿と上京して国際メガネ展に行って参りました。 こちらに各メーカーさんが出展しておられて眼鏡の仕入れを行います。 999.9は4本入りの丸型ケースと眼鏡スタンドが発売されます(^^♪ 杉本圭の肉厚ラインは刃物のように角を立てた新作がございま
『眼鏡の見本市に行って参りました(^^♪』の画像

地球上で最も有名な絵と言えばこれでしょうかね?「モナリザ」の眼鏡拭きが入荷しております。 前に入れた名画シリーズが結構人気でして、スタッフ殿が「これも仕入れてみました( ̄ー ̄)ニヤリッ」と言っておりました。 前に入れた中では断トツに人気なのがフェルメール
『モナリザが入荷致しました。』の画像

一度入荷してすぐに出てしまいましたターニングの「T-166」が再入荷しております。 アイウェア オブ ザ イヤー2013のメンズ部門受賞モデルです。 黒、デミ、茶のウェリントンではなく鮮やかな生地を使用した明るい印象の眼鏡です。  こちらが受賞したカ
『「アイウェア オブ ザ イヤー受賞作」の「TURNING」』の画像

眼鏡専門店Syozo開店9周年記念のもう1つの企画は、オーダーメイドで作れる丸眼鏡(オーバル、ボストン等も)“利一作”です。 サンプラチナ素材を使用しお客様の好みに合わせたものに職人さんが手作りで仕上げていきます。 店頭に並んでいるのはサンプルです、基本はこち
『オーダーメイドの丸眼鏡 “利一作”』の画像

仕上がった眼鏡を淡々とアップしていきます。 ラビリンスby影郎デザインワークス VERONICA Z-PARTS 丸眼鏡 ラビリンスby影郎デザインワークス  ASYURAⅡ ラビリンスby影郎デザインワークス GOBLIN 999.9 CNP-02 GROOVER LEXINGTON
『仕上がった眼鏡を』の画像

撮り貯めていたご購入頂いた眼鏡画像です。 アンダーリムがお探しの方には、RIDOLのR-106。 RIDOLのR-137は、先月のトランクショーでも大人気でした。 RIDOL R-113はレンズカラーを濃くしてサングラスっぽく作らせて頂きました。 フォーナインズS-83
『撮り貯めていた画像集』の画像

お客様から、テレビ番組で眼鏡特集のようなものがあり鯖江市を中心だった、そこでモダンが伸びる金の眼鏡が紹介されていて、、、、、、、と、教えて頂きました。 見てないのでわからなかったのですが調べてみましたらありました、これですね。 売り物じゃないですがこん
『金のモダンが伸びる眼鏡ってこれですか???』の画像

杉本圭のKS-35をご購入頂きました。 12mmの別注生地を使用したボリューム感抜群のフレームです。 ただこのフレームは幅が狭いのです、フレームで動かせる場所も無いのでこんな場合は、、、、、 フロントとテンプルの間の合口を削て広げます。 ヤスリで削る
『合口を削って幅の調整』の画像

“アルコバレーノ”のご紹介です、イタリア語で『虹』を意味しております。  誰もが見た瞬間に心を奪われるような『虹』のような存在の眼鏡を作りたい想いから命名されました。  こちらはAB-004です、ヨーロピアンスタイルのスクェアシェイプのプラスティックフレームで
『Arcobaleno−アルコバレーノ』の画像

シンプル、すっきり、高品質の国産フレームのShadeRから初めてとなるプラスティックフレームSH-501.502が 入荷いたしました。 SH-501はエッヂを立てたウェリントンシェイプが特徴的です。 派手過ぎないカラーリングも素敵ですね。 釣り眼にして目元をきりっと引き
『ShadeR〜初のプラスティックフレーム登場。』の画像

ここ数日すっかりと秋めいてきました。 夜は寒いぐらいです;; ここ何年はじわっと季節が変るのではなく、突然変化する感じです。 この落差が何かと身体にこたえますわ、古傷の左肩が痛んでくるのは季節の変わり目だというお知らせです;; それでもスポーツクラブには
『秋色な眼鏡』の画像

『GROOVER』のサーモントフレームWHYMPERは遠近両用にて。 『こんなフレームある?』にそのノリでイメージされてるのよりもカッコイイのあります!と、お掛け頂くとピッタリ!  クリアな生地ですのでスケルトン感も楽しめます。 是非御愛用下さいませ!
『GROOVER WHYMPER!』の画像

『ShadeR シェーダー』の新作SH-302が入荷いたしました。 シンプルなのがShadeRの特徴です、しかし緻密に計算され作りこまれたものから醸しだされる上質さを感じさせます。 いつでもTPOを問わず安心して掛けられます。 またフィッティングもとてもし易い
『シンプルかつ上質 『ShadeR』 SH-302』の画像

まだ金星は見られず;; 次回は105年なのでおそらく見ることは不可能に近いと思われます。 日曜の午後4時前のドキドキ感の後の途方も無いガックリ感(ぴんと来る方は是非お話しましょう)に似ています、どうしよう50万取ったら、どうしよう100万取ったら税金納めないといけ
『GROOVERより『BELL』』の画像

大注目の天体ショー『金環日食』までついに1週間となりました。 仙台は朝の7時40分で最大93パーセント欠けます。 見逃すとあとしばらく見ることができません、皆様!当日は空を見上げましょう。 太陽日食眼鏡で太陽を見てみました。 昔の下敷きは白くしか見えま
『金環日食まで後1週間!』の画像

杉本圭の12mm極厚プラスティックフレームKS-19でサングラスのご注文を頂きました。 なんせ強烈なボリュームのフレームですのでインパクトは大!です。   先日放映された『SPEC』の見過ぎで『サトリダンス』の『さとりんさといもすいっすいっす
『杉本圭KS-19でサングラス+SPEC『サトリダンス』』の画像

TURNING T-162が再入荷! 谷口眼鏡のファクトリーブランドです。 見た瞬間、持った瞬間、掛けた瞬間に質の良さの違いを感じます。 カッティングを入れて切れの良いデザインです。 black グレーササ 同
『谷口眼鏡から、、、』の画像

遠近両用レンズをお使いの女性の方にお薦めのミクサージュより『Elpis』が届いております。 一見シンプルなデザインですが、フロントが2枚の色違いのパーツを組み合わせて作られております。 智側のパーツとパーツの隙間がかわいいですね。 テンプルも凝
『Mixage』の画像

レディースの2012年新作モデルあれこれ入荷して参りました。 まずはフォーナインズの新作S-721T、722Tです。 フロントはシンプルでテンプルが華やかな印象のデザインです。 S-722T パープルマット×ジュエルパープル
『女性の方にお薦めの2012年モデル』の画像

『元−GEN』のプラスティックフレームのご紹介は数年ぶりでしょうか。 GEN-57になります。 肉厚のある生地を使ったボリュームのあるウェリントンシェイプのフレームです。 良いフレームは見た瞬間わかります、もちろん粗悪なフレームもそうですが。。。
『久しぶり『元−GEN』のプラスティックフレーム』の画像

神社散策後は早速仕事でございます。 今年は初の1人での展示会周りです。 まずはYELLOWSPLUSから。 行く途中で工事用の車に轢かれそうになる;; 展示会場は古民家?を改築したギャラリーです。  白壁が美しいギャラリーでござい
『展示会 YELLOWSPLUS マコト眼鏡』の画像

mignon−ミニョンで間違いなかったでしょうか(。-`ω-)? 発音を聞くと ゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ ですか? クリアな生地にポップなカラーのテンプルが特徴のmignon。  パン!と目に飛び込んでくるテンプルのカラーです。 素材はβチタンですので装用感も
『mignon ミニョン』の画像

久方ぶりですがTURNINGのご紹介でございます。 谷口眼鏡でファクトリーブランドであるターニングは見た瞬間に『質の良さ』、『掛けやすさ』を感じます。 こちらはT-162です。 テンプルはジョイントチタンで調整する側にも嬉しいのがターニング。 鋭
『お久しぶりのターニング。』の画像

眼鏡アクセサリーnuttyさんより発表された『miruhivi ミルヒヴィ』のご紹介でございます。 ミルヒヴィ みる:目で物事をとらえる。眺める。世話をする。     ひび:毎日。一日一日。日ごと。       brand concept      公園のベンチで本を読む。  
『m i r u h i v i』の画像

左を向けば山頂がまだ見えぬ日本アルプス級の加工の山。 本日はうちの加工機の限界を感じる加工で足止めを食い、 これも何とか越えねば。 終業前に一息ついてブログの更新です。 新作が色々と入ってますが、目についたものを画像のみ紹介します。 R-104.105
『新作諸々』の画像

『元』の丸眼鏡です。 セル巻きですが外のみに飾りで巻いてあります。 セル生地もアンティークっぽいもの。 テンプルに飾りが彫ってあるのですが、撮れない。。。。。 やはり撮れない。。。。。 こちらも『元』の山元眼鏡で扱ってい
『元の丸眼鏡』の画像

グラスコアの『粋更−KISARA』です。 日本の和室に良く見かけるような感じではないでしょうか? 違い棚やら欄間やらに見えませんか? C-4 こちらはC-3
『粋更−KISARA』の画像

シェード、空気感と考えてもらっていいのですが、強い主張性や、立体造形とは違うベクトルで、スタンダード、ロングライフなデザインを考えました。 メガネというアイテムを本当にごくごく普通に大事に使ってもらいたいという気持ちを名前に込められています。 私の
『『ShadeR -シェーダー』』の画像

Outermost DesignのOmD-014です。 スリムなセルロイド製のフレームでございます。 作りがクローバ眼鏡なのになんと18.900円!というから 驚きです。  シンプルで上品なデザイン、フロントとテンプルのかみ合わせなど 完成度が高いフレームです。  『
『Outermostの細身のプラスティックフレーム。』の画像

本当にお久しぶりの『元-gen』のご紹介です。 gen-502。 小振りなデザインがとっても素敵です。 マットなブラック。 表ブラウン、裏地ベージュ?  マットなレッド。 マットなパープル。 来週の11日〜17日まで何かをします
『久方ぶりの『元』』の画像

↑このページのトップヘ