郡山市 眼鏡専門店「Syozo ショウゾウ」

「ハイクオリティ」 「ハイセンス」 もっと素敵に輝ける眼鏡を         Syozo―ショウゾウのブログです。  

郡山市 眼鏡専門店「Syozo  ショウゾウ」 イメージ画像

視力検査、技術・メンテナンス例

ナイキの新作サングラスが数多く入荷いたしました! 夏直前の今!!が一番サングラスの種類がたくさん店頭にございますよ〜(*^^)v サングラス1本お持ちですと、本当に夏の強い日差しが楽になります♪ 日焼け対策、眼の眼病予防、良いこと尽くしですので是非ご検討くださいま
『NIKEのスポーツサングラス』の画像

お子様用のスポーツゴーグル眼鏡フレームのご紹介です(*^-^*) 新年度になり、スポーツを始めたのでスポーツ用眼鏡が欲しい!必要!! というお客様がこの時期はとても多くご来店頂いております♪ 弊店では視力検査もスポーツ用眼鏡に合わせてきっちりと行っておりますので安
『子ども用スポーツ眼鏡「レックスペック」』の画像

東海光学の夜間運転用レンズ「ナイトドライブ」です。 対向車の眩しいヘッドライト、バックミラーに映る光で眩しく感じる波長を効果的に軽減したレンズです。 遮光眼鏡と言えば東海光学ですが。この波長をコントロールする技術を応用して作られました。 このレンズは度無
『夜間運転用レンズ「ナイト ドライブ」』の画像

一昨日はレンズ加工機の入れ替え作業がありました。 たまに眼鏡はどこで作るの? レンズはどこで削るの?とご質問を頂きますが店内で行っております。 NIKEなどのハイカーブスポーツサングラスの加工は、相当高価な加工機じゃないとできませんのでこれは福井の加工工場
『新国立美術館「ミュシャ展」』の画像

サッカー用で子ども用スポーツ眼鏡レックスペックスのMORPHEUSをご購入頂きました。 視力検査をしてハイカーブ用の見え方をHOSOKI式検眼枠で確認して貰い、度数が弱いのもあり見え方はフラットな状態と左程変わらないので、度数補正無しで作らせて頂きました(^^♪ 衝撃
『子ども用スポーツ眼鏡「REC SPECS」』の画像

昨日に続いて技術、加工系の記事でございます。 テンプルが長い場合、見た目も掛け具合も良くありません。 芯金が入っておりますのでその手前でカット致します。 その後ヤスリで削って形を整えて、紙やすりで磨いてバフ布で光沢を出します。 ちょっとわかりにく
『テンプルをカットして短く致します。』の画像

フロントのカーブの強いフレームなのですが、お客様のご希望でフラット気味にされたいと。 しかしフラットにするとフレームの幅が広がってしまいます。 できればこのカーブが強い状態の幅にしたいのです。 この場合、フロントとテンプルの「合口」と言われる箇所
『プラスティックフレームの合口調整』の画像

プラスティックフレームを数年使いますと白くなったり致しますね。 これは汗や整髪料などで素材が劣化するからです。 これを磨き直すことができます。 どうやるの?、自宅でできる?とご質問を頂くこともありますが、このような方法で磨き直します。  こちらの眼鏡
『劣化したプラスティック製眼鏡の磨き直し、修理』の画像

ジャポニスムの「JN-510」は肉厚なヨロイパーツが特徴的なフチなしタイプの眼鏡です。 こちらが重厚かつスタイリッシュなデザインの決め手になっているのですが、機能性も優れております。 レンズの厚みが隠れるようになっております。 強度近視の方でもレンズの横幅を
『強度近視の方にお薦めのフチなし眼鏡JAPONISM「JN-510」』の画像

東海光学の遠近両用レンズのテストレンズを3種常備させることに致しました('▽'*)ニパッ♪ セレノ(ですが、内面累進のセレノISが弊店では標準のレンズになっております)、脳科学レンズ「レゾナス」、さらにハイグレードの「グラナス」。 これを掛け替えてお客様に合った遠
『「CAFE ブラン」と「フルラージュ」のスゥイーツ。』の画像

AYUMIの「L-1017」で遠近両用眼鏡のご注文を頂きました。 お客様はお顔の小さい方でテンプルが少し長いのでこれを短くカットします。 「歩」のロゴは残したいので5mmほどまずペンチでカットしてやすりで丸く形を整えて、さらに磨いて光沢を出します。 ロゴも無
『AYUMIのLシリーズで遠近両用眼鏡』の画像

と、 何十本販売したのでしょうか?というジャポニスムのJN-406は、レンズを変えてサングラスにされたりと長く用途を変えて使って頂く方が多いようです。 今回はブルーカットレンズでご注文を頂きました。 ワンポイントでレンズを留めるようになってまして、このフレームの
『JAPONISM「JN-406」の加工』の画像

先週から鼻盛り作業や合口を削ったり、生地を貼って削ったりとヤスリが手放せない毎日です。 こちらは鼻パット取り付け完了です。 顔幅計で測定して合口を削って杉本圭の極厚フレームが完成です。 いつもありがとうございます。 久しぶりに堤にある「ニューち
『郡山市堤〜「ニューちゃいな」』の画像

鼻盛り、フレームを磨くのに使う紙やすりを買いにホームセンターに参りましたら、同じ目(♯600)の金やすりを見つけました。 早速鼻盛り作業で使いましたがこれは良い! 業務短縮ができそうです。  郡山の菜根屋敷にあるお馴染み「たっちゃん」で、味噌野菜ラーメ
『郡山市菜根屋敷〜「たっちゃん」で味噌野菜ラーメン』の画像

ジャポニスムのポイント(穴あけ リムレス)系の眼鏡は加工が嫌で避けらえるお店さんもあると聞きます。 大分前ですが「JN-406」という何十本販売したんだろう?と、言う名作がありまして仕様は違うのですがこのフレームを散々加工したおかげで、現行のポイント系はあまり苦に
『JAPONISMのワンポイント加工』の画像

弊店のお客様が、仙台フォーラスの「シークレシー」でアロマクラフトワークショップを開催しております。 仙台にお買い物に行かれた方は是非お立ち寄りくださいませ。 Theoのだまし絵インスパイア眼鏡の「VA」。 レンズ自体も左右非対称で外すとこのように違うのです
『Theo 「VA」の加工を』の画像

AYUMIの「L-1016」をご購入頂きました、レンズはディープ紫外線カットレンズ「メニモ」です。 AYUMIの鼻パットはほとんどの方が交換させて頂くようになります。 今回はより掛け易いようにクリングス付のタイプに致しました。 完成したものです、こうすれば調整が出
『郡山市愛宕町〜お食事処あたご』の画像

ラビリンスby影郎デザインワークスの秘蔵品をご購入頂いたのですが、鼻が高い方なのでパットを高くするのではなく、逆に低くしないと眼とレンズの距離が出て見え方もそうですし、美的観点からも良くないです。 ですのでパットを低くさせて頂きました。 最初は他のパットに
『ラビリンスby影郎デザインワークスの弊店秘蔵品』の画像

フォーナインズのワンポイントフレームには必ずこのギザギザのついたワッシャーをレンズ両面に入れます。 これでギュッギュ!と、締めるとレンズが緩み難くなります。 お取引をスタートする時に教えて頂いたのですが、完全い動かなくなるまで締めた方が良いと聞きまして今
『999.9のワンポイントフレーム』の画像

数年使いますと眼鏡のプラスティックの部分が白くなりますよね、特に肌に触れる部分はそうなります。 眼鏡を数本使い回ししているなら大丈夫ですが、1本だけですと覿面に劣化してしまいます。 これは磨き直しができます。 この場合はカッターの刃の裏である程度表面
『プラスティックフレームの磨き直し』の画像

今週はツーポイント、ワンポイントの加工が多くて、新作をご紹介する余裕がございませんでした。 レトロで古風な手持ちドリルで穴開けををしているもので、ちょっと時間がかかるのです。 さらにフロントカーブを浅めになどあちこちいじりながら加工です。 キラーん(
『JAPONISMのツーポイント』の画像

来週7日の月曜日はビッグアイの電気設備点検の為、休業となりますのでお気を付け下さいませ。 8日以降は通常営業になります。 先週からプラスティックフレームの磨き直しを沢山お預かりしまして、昨日でやっと全て仕上げることが出来ました。  この元のセルロ
『お休みのお知らせ』の画像

先月ですが都内で視力検査の勉強会に参加致しました。 場所は光学機メーカーの「トプコン」社にて。 見慣れたロゴマーク!  ショールームには過去のレンズメーターなどが展示されていて、おおっw(゚o゚)w オオー!と興奮いたしました。  最新鋭の検査
『視力検査の勉強会と赤羽大勝軒』の画像

視力検査をする時に、今お掛けの眼鏡がとても貴重なデータとなります。 度数が弱いから見せなくても平気、長く使って痛んでるので見せるのに抵抗があるなどございますが、これがあるのと無いとではより快適に見える眼鏡を作るには欠かせないのです。 さらに、度数だけでは
『視力検査でのお願い。』の画像

アセテート、セルロイドなどのプラスティックフレームは経年変化で劣化をいたします。 肌に触れる部分が顕著に白くなるのです。 これは可塑剤が表面に出てきてしまうので致し方がありません。 眼鏡ってどのぐらい持つの?と質問を頂きますが、眼鏡もモノです。 使ってい
『プラスティックフレームの磨き』の画像

ご家族でいらして頂いているお客様からBCPCでサングラスのオーダーを、レンズカラーはフォレストグリーンの75%にて。 フロントのカーブを約15度から10度にフラット気味にして度数補正は無しで作らせて頂きました。 クレイトンフランクリンのCF-727Pは
『フレームカーブ諸々』の画像

この前もあった例ですので私用眼鏡を使ってご説明させて頂きます。 同じ度数で眼鏡を作っても見え方が違うのです。 気にならない方のほうが勿論良いです、ただそれぞれの眼鏡の条件が違うのに過敏な方は辛いところ。 私もやや後者に入ります。  一番上からJAPONISM
『同じ度数で作っても見え方が違うのです。』の画像

KODAK偏光レンズのピュアブラウンでご注文を頂きました。 RIDOL×偏光レンズの弊店ではお馴染みの組み合わせです。  こちらのピュアカラーは色の濃度を薄くして、夜間運転でも使える偏光レンズです。 偏光度は30%前後と落ちてしまいますが、眩しい青色光をカット
『KODAK偏光レンズ 夜間でも使える『ピュアカラー』』の画像

ツーポイントなど穴を開ける作業は弊店の場合は超絶アナログです。 ドリルで穴を掘ってせこせこ作ります。 最新の3次元の加工機はポイントの穴あけも綺麗にできてしまいます。 まっ、そんなに穴あけ系の件数が多くないですし、そこまでは必要ないので現状は私の手作業で
『老眼鏡を作ってみようかと。。。』の画像

ナイキのスポーツサングラスが少し抜けましたので新しいところを補充いたしました。 こちらは"RUN X2"です。 イエローベースのカラーリングはとにかく眼を惹きますね。 スポーツ用ですからこのぐらい派手で行きましょう! テンプルも目立つカラーリングです。
『NIKE スポーツサングラス ゛RUN X2"、゛MERCURIAL6.0"』の画像

↑このページのトップヘ