IMG_20180226_163150

IMG_20180226_163218

IMG_20180226_163256

GROOVERの「PROTON」をお得意様にご購入頂きました(^^♪ クセのあるデザインで仕入れにちょっと勇気がいりましたが、難なくさらっと掛けこなされておりました。



IMG_20180219_123537

IMG_20180219_123822

IMG_20180219_124019

IMG_20180219_124108

以下、ながーい記事ですので宜しければお読みくださいませ。

数年ぶりに日光東照宮へ参りました(^^♪ 日頃の感謝とそして陽明門の平成大修理が完了したとのことで久しぶりに見てみたいと。 さらに3代将軍の徳川家光の墓所「大猷院」は東照宮よりも後の建造物なので、あれこれと完成度が高いと「ぶらぶら美術・博物館」で見たのでこちらにも是非参拝したいと(^^♪

この日は快晴で気持ちが良かったです.。゚+.(・∀・)゚+.゚ まずは東照宮へ。


IMG_20180219_124523

IMG_20180219_124441
IMG_20180219_124435
IMG_20180219_124350

IMG_20180219_124404

神厩舎の彫刻も塗りなおしたのですね! 以前より三猿が鮮やかでした(^^♪ 



IMG_20180219_124457

神馬はフサイチ冠号の馬なのですね! フサイチコンコルド、フサイチシンイチ、フサイチペガサスなどで有名でした。 名物馬主だった、関口房朗さんって今何やってるんでしょう?




IMG_20180219_124924

陽明門! 白くなりました?




IMG_20180219_125035

IMG_20180219_125101

IMG_20180219_125107

いやいや彫刻が素晴らしいですわ、色が綺麗になってより極彩色感が出て絢爛豪華です(^^♪ 京都にある唐門でもこれだけ豪華な門はありませんね! 豪華さ華やかさであれば日本一でしょう。




IMG_20180219_125606

IMG_20180219_125633

拝観料が上がった!と、思ったら奥の院へ行くのに以前は別料金でしたが、これも含んだ拝観料になっておりました。 途中の眠り猫。 名匠・左甚五郎作です。 ここを抜けると木が生い茂っておるせいか、気温がすっと低くなり気が引き締まります。 そうここを進むと権現様・家康公が眠られている奥の院に参ります。



IMG_20180219_130056

IMG_20180219_130308

IMG_20180219_130311

奥の院へ参拝するには急な階段をひたすら上ります。 



IMG_20180219_130515

こちらが権現様の墓所です。 このどっしりした重厚感に渋みのあるデザインは、家康公のイメージや好みを反映したものでしょうか。




IMG_20180219_130552

叶杉はこちらの祠に向かってお祈りすると願いが叶うそうです。



IMG_20180219_132649

IMG_20180219_132710

IMG_20180219_132739

IMG_20180219_132928

その後、本殿に参拝しましたが現在も修理作業中です。 こちらも綺麗になっておりました(^^♪ 御朱印を頂いて再度陽明門を見てみますが、通称「日暮門」というだけあります。 彫刻一体一体を見ていると時間があっという間に立ってしまいました。 



IMG_20180305_193948

IMG_20180305_194000

最後におみくじをひいたら見事大吉.。゚+.(・∀・)゚+.゚





IMG_20180305_193948

IMG_20180305_194000


さて! 次の目的は家光公の墓所「大猷院」です。 以前来た時もどこにあるんだろう?と、謎でしたが近くなんですね(゚∇゚ ;)エッ!? おじいちゃん子だった家光公は、あの世でも大好きな家康公の近くにいたいと思うのは自然でしょうね。 家光公というと男女逆転版「大奥」での通称「多部将軍」が頭に浮かんできます。 ドラマも原作も大好きです(^^♪





IMG_20180219_135029

IMG_20180219_135207
IMG_20180219_135229

IMG_20180219_135235

IMG_20180219_135242

大猷院に到着です! なるほど輪王寺の大猷院なんですね。 東照宮は神格された権現様を祀っているので神社、家光公は神格化されてないのでご墓所という位置づけです。

東照宮と比較すれば小ぢんまりしてますが、いやいや絢爛豪華感は流石です(^^♪ 



IMG_20180219_135427

IMG_20180219_135357

IMG_20180219_135407

こちらも立派な建物です。 残念ながら竜の絵は朽ちておりました。 野心豊かな鍋島氏がこれを寄進するあたりにも、外様藩として幕府の権威も家光で安泰になったしここで忠誠を示さねば!と、いう感じなのでしょうね。 そんな江戸初期の幕府と大名の腹の探り合いが垣間見られるのも、東照宮やこちらの楽しみ方です(^^♪



IMG_20180219_135435

二天門は修復中です。 さらに急こう配な階段を上りますがこりゃ城壁みたいな場所ですわ。 そしてこれが見えてきて圧倒されますw(゚o゚)w オオー!






IMG_20180219_135657

IMG_20180219_135724

IMG_20180219_135731

IMG_20180219_135734

夜叉門です! 





IMG_20180219_135758

IMG_20180219_135803

IMG_20180219_135811

IMG_20180219_135832

IMG_20180219_135839

IMG_20180219_135935

IMG_20180219_140005

IMG_20180219_140018

ぶらぶら美術博物館で「東照宮よりも完成度が高い!」と放映しておりましたが、よくわかりました。
彫り方の深さと表情が素晴らしい! よりリアリティーのある彫刻です。 4体の夜叉の衣の滑らかさも木造とは思えない質感です、運慶の慶派っぽい感じの像でした。 




IMG_20180219_140156

IMG_20180219_140210

IMG_20180219_140230

IMG_20180219_140247

IMG_20180219_140255

IMG_20180219_140749

IMG_20180219_140754

本殿の上部を見るとまた素晴らしい作品の数々。 東照宮に来たら絶対に大猷院へも参拝すべきです!
修理の壁の鳥の彫刻もいきなり飛びだちそうな程の質感です。




IMG_20180219_140721

雪が積もって極彩色と雪の色のコントラストが実に耽美な世界観です。




IMG_20180219_140823

家光公がこの奥で眠られておられます。 こちらの門は通称「竜宮門」、お洒落(^^♪





IMG_20180219_141111
IMG_20180219_141145

IMG_20180219_141244

私は灯篭を寄贈した名前が気になって仕方がありません、御三家の水戸家初代藩主の徳川頼房と島津の殿様のものもありました。 もっと近くで灯篭を見られるようにして欲しいです。 これだから歴史的建造物の拝観は楽しくて仕方がありません(^^♪ 



IMG_20180219_141409

IMG_20180219_141554

神々しい夜叉門です。 この門には完全に心奪われました、本当に素晴らしいです。 
長い記事を読んで頂きましてありがとうございます(^^♪







営業時間 平日11時〜20時 土日祝日 10時〜18時半


視力検査においてお願いがございます。

     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村