IMG_6263

ちょっとしばし実験をご覧下さいませ。 こちらは通常の紫外線カット付きのレンズです。



IMG_6265

こちらは400nmのレーザーポインターです。





IMG_6270

調光レンズ(室外に出るとサングラスのように色が濃くなるレンズ)に、この400nmの可視光線を当てますと色が濃くなりますね。 つまり紫外線に反応しているということです。




IMG_6271

通常のUVカットレンズですと紫外線を完全にはカットできなく色が付いてしまいます。 




wg-700p

              UV-A (315-400nm)
              皮膚を黒くし、しわ、たるみの元になるとされる
         UV-B (280-315nm)
         皮膚を赤く日焼けさせ、しみ、そばかすの元になるとされる。
  UV-C ( -280nm)
  大気層で吸収され、地表には到達しない。



これは、従来のUV-A・UV-BカットやUV400と書かれているUVカット性能は、その波長における実測値でメーカーによってばらつきもありますが、380nmで99%、400nmでは約90数%程度となっております。 つまりこの400nmに近いところの波長が99%カットできていないのです。 この400nmは最近あちこちで「ディープ紫外線」、「DEEP UVA」という言葉を耳にされることがあると思います。 波長が長くなりますとより皮膚もそうですが、眼の奥まで透過致しますので眩しさも感じますし、また眼病の一因では?となります。 これからご紹介するレンズはUV-B(280-315nm)はもちろん、UV-A(315-400nm)、ディープ紫外線までもを極限までカットできる驚異的な紫外線カットレンズです。 



IMG_6266

伊藤光学の「メニモ」を調光レンズの上に置いてこの光を当てても、ディープ紫外線までもかっとしておりますので色が変わりません。 こちらのレンズには帯電防止機能もございますので、埃や花粉が付き難いので花粉症でお悩みの方は紫外線も防げて2度おいしいです。




IMG_6126

IMG_6127

メニモにはこちらが付いてきます。






IMG_6267

さらに我らが東海光学の「ルティーナ」。 調光レンズの上にルティーナを置いて400nmの可視光線を当てても反応致しません。 ディープ紫外線を見事にカットしております。 さらにルティーナは420nm近辺も約94%カット致します。 近赤外線をカットする「エターナルスキンコート」、レンズ裏面の反射を抑える「P-UV」、波長が〜500nmの光を軽減する「ブルーカットコート」と3つのコートを組み合わせることも可能です、目の保護対策としてはほぼ最高です( ̄ー ̄)ニヤリッ




IMG_6268

IMG_6269

アサヒオプチカルのエクストラファインカラーで試しましたが、こちらも400nm近辺の光をカットしております。



個々の生活や仕事環境などそれぞれ快適なレンズをご用意しております。 レンズメーカー各社、新しいレンズが出揃ったようですので価格表も見易いように工夫しましたのでこうご期待です。





Instagram


視力検査においてお願いがございます。

     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村

・営業時間 平日11時〜20時 土日祝日 10時〜18時半
指定駐車場:郡山駅西口駐車場 眼鏡(レンズ交換)ご購入のお客様には合計3時間分の駐車券を差し上げております。 ご購入時3時間分(1時間×3枚)、もしくはご購入時2時間にお受取の時に1時間合計3時間でも大丈夫です。