IMG_0161

ツーポイントなど穴を開ける作業は弊店の場合は超絶アナログです。 ドリルで穴を掘ってせこせこ作ります。 最新の3次元の加工機はポイントの穴あけも綺麗にできてしまいます。 まっ、そんなに穴あけ系の件数が多くないですし、そこまでは必要ないので現状は私の手作業でございます。 






IMG_0163

フレームにもよりますが、私の好みで使うドリルは右から1.2mm、1.4mm、1.6mm。 フォーナインズのポイント系は1.2mmで穴を開けてから様子を見て1.4mmを使います(自己流で)。 フォーナインズのワンポイントはこれで穴を面取りしてレンズをセットしていくだけなのでとっても楽です。  ジャポニスムのポイント系は1.2mmから1.6mmにして穴を広げていきます。 となるととっても細かい作業で数年前に遠近両用レンズをモニターで使用したらこんなに見易いのか(゚∇゚ ;)エッ!?と、驚きました。 早かれ遅かれ手元が見にくくなってきます、後はどこで諦める(老眼というワードを受け入れるか)かなのですが、私は仕事柄上記のような加工の時は作業精度があがるので遠近両用レンズを使用しております。  我慢して作業が雑になるのは嫌です。  

今は若い方向けの軽く手元が見易い、例えば東海光学のベルーナ サプリ等ございます。 簡単に言えば遠近両用レンズの入門編です。 現代は仕事で必ずと言って良いほどパソコンを使用します。 手元の細かい書類を見ながら、液晶画面を見ての繰り返しの作業の方など、覿面に使い易いレンズです。 

余談ですが、ポイント系でネジで止めるタイプが何だかんだ言っても最適だと思います。 パッキンでレンズを留めるタイプは眼鏡を掛けた時にレンズが逆反り気味になるしどうも好きではありません。



IMG_0164

右が穴広げ、左が穴の面取り用ドリルです。 さて、表題に戻ります。 ふと昨日ポイントの加工をしていたのですが、『老眼鏡ならもっと見易いはず』と仮枠で手元用の度数を入れて見てみると快適.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 近々両用ではと、距離に応じて3段階で中間距離の度数を設定できるラクスパーで試してみると、これも快適.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 楽に見えて作業の精度が上がるに越したことは無いので、ラクスパーで近々両用眼鏡を作ってみることにしました! レンズが届くのが楽しみでございます。  





すっかりもう秋空でございます。(*・ω・)ノ

     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村


指定駐車場:郡山駅西口駐車場 眼鏡(レンズ交換)ご購入のお客様には合計3時間分の駐車券を差し上げております。 ご購入時3時間分(1時間×3枚)、もしくはご購入時2時間にお受取の時に1時間合計3時間でも大丈夫です。

・営業時間 平日11時〜20時 土日祝日 10時〜18時半