先日講習を受けてきました『ハイカーブ度付きサングラス技術講習会』。
フレームによってはカーブがきついものがあります、例えばあとで画像を掲載しますがスポーツサングラスと言われるものは8カーブぐらいのものがほとんどです。 今掛けている眼鏡と同じ度数で作ることもできますが、カーブが強いとレンズが外向きになって度数誤差や非点収差が生じます。 簡単に言うと同じ度数でも同じような見え方にはならないのです。 度数が弱い場合は気にせず掛けられてしまう方もおられますが、度数が強い方やカーブに敏感な方は違和感を感じかけられない。 しかしアウトドアスポーツをする方は、眼に埃や風が入ったりするので眼を覆うハイカーブのフレームが必要になります。 でも見え方がおかしければ使い物にならないと、大変困ったことになります。 レンズメーカーさん等に聞いたりすると度数補正は勿論、プリズムを入れる、PDを狭くするなどなど色々な方法を聞きました。 しかしこれと言って納得できるものが無く。 そんな時お付き合いのあるレンズメーカーさんが『HOSOKI式検眼枠』を使っての度数補正を御紹介頂きました。 今春に導入して自分やスタッフと試したところ非常に快適で、8カーブのスポーツサングラスを作って頂いた方々にも快適に使って頂いてます。 その細木先生の講習会を受けてきました。 マニュアルは貰っていたのですが実際お話を聞くと眼から鱗とはまさにこのことでした。  本当に勉強になりました、細木先生、レンズメーカー様ありがとうございます。 

さて、これはカーブの違いで実際あった事例です。


BlogPaint
上は999.9、下はRIDOL(このナイロールタイプだった)。 999.9はフロントのカーブが浅く、RIIDOLは極端ですが深い。 元々はRIDOLをお使いで今回が999.9でした。 度数は一緒でも遠くが見難いとのことでした。
私が見てみると頂間距離も前傾角も似たようなところ。 しかしフレームカーブが違ってましたのでご説明して999.9のフロントカーブを軽くきつくさせて頂くと、見え方は改善しました。 細木式検眼枠でやって来たことの応用編です。 JAPONISMのフレームでも同じ度数でも疲れるという方に、前のフレームを見せて頂きフロントカーブを調整すると見え方が直りました。 




IMG_3475

これはカーブを調べるチャートです、上記のようなことは自分でも経験済みで苦労しました。






IMG_3476

私の例です。 冬場に登場するJAPONIS JN-438。 型崩れしてフラットになってます(調整しなさい)。 






IMG_3477

5度もないぐらいです。 他私のフレームはカーブが浅いものが多くこの見え方にすっかり慣れておりました。







IMG_3478

一目惚れで買ったJAPONISM JN-426のWEDGE。 喜び勇んで掛けたのですがしばらく掛けていると眼が疲れてどうしようもない。 気に入っていたのに登場回数が少ないフレームになってしまいました。






IMG_3479

カーブを見ますと10度以上15度未満といったところか、どうにかなるかと同じ度数で作った私の失敗です。
さて、細木式検眼枠を導入後に度数補正をしてこの検眼枠で見え方を確認すると、あれ普通に見える。
その後度数を調整してレンズを入れ替えると、全く問題なく快適に見えます! 今は季節がら一番掛けてる眼鏡になりました。  細木式検眼枠と度数補正の素晴らしさを身を持って経験しました。

話は最初に戻りまして、



IMG_3485

こちらはRIDOLのサングラス、偏光レンズを意識したカーブのフレームです。 釣り用で使う方が圧倒的に多いフレームで同じ度数で作る場合はほとんどありません、きっちり視力検査をして度数補正をしてその見え方をこの検眼枠で確認し度数の微調整をして決定となります。 






IMG_3484

これは8カーブのスポーツサングラス。 自転車用、ランニング用で作って頂く方、ゴルフでお使いになる方もいらっしゃいました。 このハイカーブのフレームで同じ度数で作っても多分慣れるのは辛いと思います。 他店様で自転車用にてスポーツサングラスを作られたお得意様が、同じ度数で作ったのに見え方が酷くて掛けていられないとお越しになりました。 若干強めの遠視で乱視も入ってらっしゃいますが度数補正をして検眼枠で確認して頂くと楽になったと。 その後いらして頂いたときに使って頂いてるかお聞きしたら、前よりは全然楽に使えるようになったと嬉しいお言葉を頂きました。 注意点があります、いきなり掛けても脳が度数と視野の広さなどに慣れなく、受け取り直後にゴルフに行ったら距離感がつかめなくて空振り連発ということになりかねません。
まずは慣らして距離感等を掴んで頂ければ快適に使えます。 遠近両用もそうですが慣れないと使えません、眼鏡も道具ですから。





IMG_3480

これが検眼枠です。 普通の検眼枠より動かすところが多数あります。






IMG_3481

細木式検眼枠の最大の特徴である、角度を変えられるのがここです。
フラットな状態。






IMG_3482

このように5度単位で角度を変えて見え方を確認できるのです。 6カーブならその見え方、8カーブならその見え方とフレームに応じて見え方を確認できるのです。
カーブ系で多い実際作ったら見え方が違って掛けられないということもありません、そのカーブでの見え方が確認できるのです。




IMG_3483

前傾角も調整可能な検眼枠です。 ハイカーブサングラスだけではなく上記のJAPONISMのようなフレームにも応用して使ってます。 視力検査にはかなりお時間頂戴してます、また出来れば私が検査させて頂いた方が良いと思いますので、ご来店前にブログ書いてる人出社してる?などご一報下さいますと幸いです。 

4時で講習終了、その後新幹線の時間まで余裕がありましたので
IMG_3464

遅い昼食を昔何度か行ったラーメン屋さんで味噌ラーメン。 味が変ったのか自分の好みが変ったのか、これなら水道橋のキッチングランでしょうが焼きを食べに行けばよかった。 銀座線に乗って






IMG_3465

上野に到着。 もう5時過ぎて東照宮も寛永寺も見られません、上野動物園のパンダも。 しかし大事な目的が。






IMG_3466

京成上野駅の売店に用事がありました。 京成電鉄のキャラクターといえば、






IMG_3467

京成パンダです。 毎年我が家のリビングを彩る『京成パンダカレンダー』を購入してきました。 福島では京成パンダを知ってる方は少ないと思いますが、数少ない京成パンダファンの友人の分も買ってきました。 早速めくりましたが今年も笑いのクオリティーの高いカレンダーとなっております。 これを飾っておくとうけること間違いなしです!





IMG_3468

東京駅。 





度付きスポーツサングラスございます! ハイカーブフレームの場合は度数補正を致しております



いやいや、すっかり寒くなりました、鍋の季節ですねー(*・ω・)ノ
     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



・営業時間 ・平日10時〜20時 土日祝日 10時〜18時半