吉田沙保里選手国民栄誉賞おめでとうございます.。゚+.(・∀・)゚+.゚

記念品は『金色の真珠』と報道されていました。 三重県の英虞湾といえば真珠王『御木本幸吉』氏が創業者の『ミキモト』がまず思い浮かびます。 今回の真珠も『ミキモト』のものです。
さすが世界に誇る日本のジュエラーでございます(・∀・)


ここから眼鏡屋がなぜか真珠について語っちゃいますよー。


ふと吉田選手が三重県特産の金色の真珠とおっしゃってました。 三重県の英虞湾で『金色の真珠って?』と、疑問が湧きました。 アコヤ貝から採れる『和珠』でゴールデンなんて出るの? 基本は白、軽いピンクあとはナチュラルなブルーは知ってますが、ゴールデン?。

金色の真珠はタヒチ、オーストラリアなど暖かい海で育つ『白蝶貝』から南洋真珠の白、そしてゴールドが採れます、でも以前の自分の知識では日本本島で南洋真珠は育たないはずだし、引っかかる(´?д?;`)

日本なら奄美の南洋真珠はオーストラリアなどよりも冷たいので、より『照り』が良く色のきめ細かいゴールデンははあったはず。。。

記念品のネックレスは13mmの金色の真珠と報道されてました、これでわかりました。
和珠は最大10mmってところですので13mmサイズになりましたら、間違いなく南洋真珠から採れたゴールデンのはずです。 しかもテレビの画像で見てもあの色の深さに照りは素晴らしい珠だと思います。
奄美産ですかね? 三重県=ミキモト=真珠=特産で金色の真珠も三重県産?と勘違いしていたというところでしょうか。
あれが英虞湾で南洋真珠を養殖してそこから採っていたら凄いと思います。 多分奄美産!、当たったら自分にもなんか記念品下さい。 間違えたらごめんなさいです。


真珠ついでに『花珠』と言われる和珠があります。 定義はありませんがとびっきり色、照り、形が奇麗という真珠です。 実際真珠の選別をしていた人に聞くと1.000個あっても見分けがつく、それが花珠だそうです。 都内のとあるしっかりした宝石店でネックレス用に両穴、リング、ピアス用に片穴が開いた7.5mmの花珠を見たことがありますが、もちろん数十万円では買えません。・゚・(ノД`)  それでも安い!と思いました。 ただ花珠にはラウンド部リリアンカットの『4C』のような定義が無いのです、チラシ、ネットの広告でこの値段で花珠(´?д?;`)ありえない、というのも目にします、奇麗でも上には上がありますからその最上級クラスが花珠なんでしょうね。  

さらについでに宝石話、先日東京出張の折にうちのスタッフが銀座に行ったことがないというので、じゃあショーウィンドウのディスプレーの勉強になるのは宝石店だから見て周ろうとあちこち外から眺めてみました。 外資系ならティファニー、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーぺルズ、日本のジュエラーならミキモト、TASAKIもさすが奇麗.。゚+.(・∀・)゚+.゚  小心者なので怖くて宝石店には入れませんが、緊張して胃が縮みます;;  ショーウィンドウを見るだけでもいやー勉強になるなとてくてく歩いていて、ここも見ようと立ち止まるとスタッフがこの石奇麗! 見てみるとエメラルド?カッティングはそれっぽいのですが、見るからにクラックが少ないしそれにしても色が深すぎる。
10月の誕生石はトルマリンだからパライバトルマリン(希少なトルマリンなので良いお値段します)?でも色は違いすぎるし。 あれエメラルドだったらおいくらするのでしょうε=ε=(;´Д`) 石も奇麗なものはたまげるぐらいに美しい、一度見たら忘れないほどです、感動を覚えます  宝石も凝ると鉱物学まで行くので面白いです。



真珠小話でしたー。





度付きスポーツサングラスございます! ハイカーブフレームの場合は度数補正を致しております



いやいや、すっかり寒くなりました、鍋の季節ですねー(*・ω・)ノ
     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



・営業時間 ・平日10時〜20時 土日祝日 10時〜18時半