来年の大河ドラマ『八重の桜』のキャスティングが発表されました。 主役の新島八重には干物女(ホタルノヒカリより)綾瀬はるかさん! のだめ=江で外し、平清盛も低視聴率にあえぐ大河ドラマですが、綾瀬さんなら視聴率回復は間違いないと思われます。 

キャスティングも重厚で家老の西郷頼母には西田敏行さん。藩主松平容保は山田孝之さんの大親友でクローズ供⇒者ヨシヒコにもご出演の綾野剛さん。 照姫は稲森いずみさん。 鬼の官兵衛こと佐川官兵衛は中村獅童さん。 神保修理もいる!これは斉藤工さんと、重厚な配役で『はいはい、この人物にはこの俳優さん』とイメージが湧きます、素晴らしいです。 中野竹子が黒木メイサさんは濃すぎない?かと気になりますが。

さて、山本八重と言っても?という方も多くおられたと思います。 西郷頼母、神保修理、照姫も誰?
知ってる方は多分このドラマをご覧になっているはず日本テレビ系で放映された名作『白虎隊』です。 弊店のスタッフは手から砂を出すあの『サイババ』を知らないという世代格差があり、白虎隊というと『山下智久のですか?』になりますが、1986年に放映された白虎隊はとても重厚な内容の時代劇の中でも名作中の名作です。 前半が幕末の京都での会津藩の活躍、後半は戊辰戦争なのですが西郷頼母族の女性が自刃、二本松少年隊、白虎隊と涙無しではいられない悲劇が語られています。 徳川家に対する忠誠を崩さない藩主松平容保の姿勢がなんともいじらしく、『この融通効かない頑固者めが!』と、もっと上手く立ち回っていたらこんなことが起きなかったのにと小学生ながら思えたドラマでした。 そこで山本八重、中野竹子、 西郷頼母、神保修理、照姫が出てくるのです。 白虎隊中心に語るのではなく幕末での『会津藩』を中心として描かれているので、当時の朝廷、幕府、薩摩、長州、土佐、会津などそれぞれの動きも勉強できます。 是非、放映の前にご覧になって予習しておくと、より大河ドラマが楽しめると思います。



昨日はご新規のお客様お二人に『お任せしますので似合う眼鏡を選んで』と、最高に嬉しい一言をおっしゃって頂きJAPONISMとRIDOLそれぞれをご購入頂きました、ありがたい限りでございます。  お得意様も今までとノリを変えてJAPONISMのJN-512! ありがとうございます。


度付きスポーツサングラス始めました!



(●^∀^●)部屋着も軽くなり快適ですねー。(●^∀^●)
     ↓↓↓↓↓↓こちらを是非是非押して下さいませ。
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ
にほんブログ村



・営業時間 ・平日10時〜20時 土日祝日 10時〜18時半