平泉は切り上げて、宿泊する松島の海辺の旅館へ! 平泉からは高速道路を使って1時間ちょっとで到着です。 1人で泊まれる旅館ってなかなか無いのです;; 見つけたお宿は海が見られるそうでそこにしたのですが、修学旅行で泊まるような旅館、部屋がかび臭いのには参った。 





IMG_1224

しかし部屋からの景色は最高! 福浦橋が眼下に見えました。







IMG_1225

水面が夕日に照らされて実に幻想的な印象です。 さすが日本三景! 部屋でだらだらしてお風呂に入ってさーお食事!







IMG_1226

お部屋でお食事。 普通に美味しかったです。 特筆すべきはご飯がとんでもなく美味しくておかわりをしてしまいました。 







IMG_1227

好きなカキフライにフカヒレの茶碗蒸し。 海の物大好きな私にはたまりません。 






IMG_1228

かきはカキフライしか食べたことが無く、初の焼きカキでしたが美味なんですねー。 いやーしこたま食べました。
さてもう一度お風呂。 そして、、、、、








IMG_1230

1人宴会のスタートです!







IMG_1231

河北新聞?にお笑いタレント事務所(ホワイトストーンズメイキング参照。 現戸次(旧佐藤)さんにお笑い事務所だよ!と、大泉先生が諭します)社長のコラムが掲載されていました。 ここでふと気が付きました、『1人で旅館に泊まっても面白くない!』。 どこかで飲んで帰ってきてお部屋で1杯は楽しいですが、1人で旅館はかなりハードルが高いことがわかりました。 だから宿泊は2名〜というところが多いんですね! そんなこんなしながら朝は早いので12時前に就寝。 理由は、、、、、






IMG_1236

松島の日の出ですヽ( ´¬`)ノ  日の出、日の入りが見られるのはこちらの名物なようで月日によって出時刻表がお部屋にございます。








IMG_1237

あまりの神々しさに手を合わせて拝んでしまいました。  日露戦争で児玉源太郎が毎朝日が昇る太陽に手を合わせて勝利を願ったそうですが、意識しなくても何かとてつもない力を感じてしまいますね。







IMG_1238








IMG_1240








IMG_1242








IMG_1252

これを見てかび臭さも飛びました、十分満足です。 朝食をとってこの後は







IMG_1253

お約束の瑞巌寺。







IMG_1254

いわずと知れた伊達政宗縁の名刹です。 しかし本殿は平成28年まで修理中です。 本殿が見られないのは確かに残念ですが国宝を奇麗に保存する上では必要なことなんです。 間違っても昨年8月に見かけたぽかほんたす二人組みのような真似はしませんように。 




IMG_1255

嬉しいことに国宝の『庫裡』が開放されています。 台所です。 見学客は私一人のみ、じっくり拝見致しました。






IMG_1256

もう一つ開放されているのは『陽徳院』の御霊屋です。 伊達政宗の正室で三春藩の田村氏出身の愛姫のお墓です。 途中にある三春瀧桜。 分枝したものでしょうか。 瀧桜の樹齢から考えれば愛姫も三春におられた頃は見たかも知れませんね。
 






IMG_1257

ここを登って左に折れると御霊屋がございます。 参拝客は自分のみ。 数年前に復元されて絢爛豪華になっております。







IMG_1258

ケヤキ。







IMG_1259

松島の海。








花粉の季節到来ですね、こちらを押すと飛散量が少なくなるかも?
(●´∀`)ノ+゜*。゜+゜。*゜+
     ↓↓↓↓↓↓
     にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ


・営業時間 ・平日10時〜20時
 土日祝日 10時〜18時半