DSCF1986
S-660Tシリーズも徐々に揃ってまいりました。
女性の方にお薦めのS-661Tです。 角を落とした優しい印象のスクェアシェイプのデザインです。








DSCF1987
パープルマット。 他のモデルでもこのカラーはとても人気がございます。








DSCF1988








DSCF1989
カーキマット。









DSCF1991









DSCF1992
S-660Tもダークブルーマット、ブラックと2本ございます。








DSCF1993
撮影しましたが色味がはっきりせずどちらか不明です。。。








DSCF1994







本日、G.A YELLOWSの山岸さんが新作の紹介でお越し下さいました。
新作を見せて頂きブログ用で画像をと、数枚しか撮っておりませんでした。。。


結局私もガイガーカウンターを買いました!  日本製で欲しいのを待っていたらいつになるかわからないですし、これが無いと自己防衛もできません。
お客様で良い機種を購入された方がおり、線量が高かった場所を聞くと一致しておりました。 私のは線量が出るまで20秒掛かるのと、やたら数値が高く出るのと、数値がぶれるので平均を取らないといけないととめんどくさいですが、ブログで数値を出しているようなやり方で、まー家庭用としては良いかぐらいで使っております。
見た目もかわいいし。 これを持って車で走り回れば回るほど場所によって数値は全く違います、公園の周囲、木の多いところを通ればいきなり数値は上がります。 

知人で市内に家を建てようと、ハウスメーカーさんで持ってる線量計を土の表面で計測するとびっくりの3マイクロシーベルト越え。 地表より1メートル高でも1マイクロシーベルトと結構な線量でした。 私がガイガーカウンターを持ってるのを知って、石井君の機種でも測ってくれ(ハウスメーカーさんのが某国製だったので)と計測するとやはり同じぐらいの数値。 只今基礎工事中ですが基礎を作るのに30センチぐらい?土を掘らなくてはいけないそうで、掘った後を測定しに行きましたら驚異の土表面でも0.40マイクロシーベルトでした。 

どかした土が底に落ちてきたりもしてましたので、この数値ならばこのぐらい掘れば放射性物質は浸透してないんじゃないの?と、思う結果です。
ここ最近大雨続きでしたので、土の中に浸透しなければ良いなと思っていたのですが
土の表面にビシッと結合しているのでしょうね。 

ド素人二人で測定会でした。 家の下から放射線では建ててからではどうしようもないですものね床に鉛の板を敷くのも嫌ですし。 土どかしてコンクリートの基礎だそうなので大丈夫!と、安心しておりました。 これで家の周囲に鉛の板で壁を作れば完璧な放射線防御の家完成になるのですが。 次回は土どかした後に砂利を敷くそうなのでまた計測に出かけます。 

知人が『なんで家建てるのに放射線の測定しなくちゃいけないんだ』と、嘆いておりました。 参っちゃいますね。





16時測定 天候曇り
店内(ケース上 床より90cm高) 0.155マイクロシーベルト
モルティ入り口(地面より100cm高) 0.402マイクロシーベルト

※使用機種soeks-01m  10回計測し平均値を取り×0.772にて数値を出しております。 素人の私による計測ですのであくまで目安程度とお考え下さいませ。  
 



お休みのお知らせ
休業日(出張販売の為)
7月は6日(水)、20日(水)は休業日となりますのでお気をつけ下さい。


営業時間のご案内
・平日11時〜20時
・土日祝日 10時〜18時半
になります。 



除湿機大活躍です。 こちらもぽちっと宜しくお願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ


弊店のショーウィンドウはアーティストの皆様に解放して、ディスプレーして頂いております。


過去~現在のショーウィンドウ一覧
2009 5月~ イラストレータ SATOM
2009 7月~ 書カキビト tep-pei
2009 9月~ PINSTRIPE タカハシアキオ
2009 10月~ イラストレータ KICK-O
2009 11月~ ABE YUKO
2010 1月~ YAMA
2010 2月~ ABE YUKO
2010 3月~ SUNNY WRITER YOCO
2010 5月~ イラストレーター SATOM
2010 6月30日~7月8日 YAMA
2010 7月9日~8月 couji 製作協力E-comfort
2010 9月~ 書カキビト tep-pei
2010 10月~11月 YAMA
2010 11月~12月funa
2011 正月~ イラストレータ SATOM
2011 1月~3月 大内崇史 藤田五紀
2011 3月〜 アサノコウタ
2011 4月〜 YAMA
2011 6月〜 國分百子