最近どっぷり浸かっているのがクラシック。
部屋では聞きませんが車の運転中、そして店内はクラシック。
そんなこんな凝っていると同好の士を見つけます。

私が利用しているスーパーに行ったら女の子が指揮(4拍子でしたっけ?)を振りながらてお母さんの後をついて歩いてました。 『のだめ』だ!
どうもベートーベンの交響曲7番のようだったので完璧にのだめですね。
この子とは友達になれそうです。

これがきっかけで何度見たら飽きるのかまた『のだめ』を見始めました。
出演者のコミカルな演技はほんと面白い、特にミルヒー! 原作ではさっぱりしてるのにドラマではラーメン二郎も凌駕するような濃い演技。 ミルヒーに竹中直人さんを当てたのは素晴らしいキャスティングですね。 主演の上野樹里さんは素でのだめ。 彼女以外ののだめは考えられないほど、玉木宏さんも千秋の高飛車キャラにぴったり。 そしてドラマの中ではBGMとしてクラシックの素晴らしい音楽が流れるというコミカルな中にも美しさを感じさせる素晴らしいドラマです。
原作者の二ノ宮さんが原作のイメージを崩さないようにジャニタレを使うのや、主題歌などもクラシック!と主張してくれたおかげなようです。



お得意さんが帰りがてら寄って行かれてふとしたきっかえで小さい頃からバイオリンを弾かれているそうです。 店内の音楽はたまたまブラームスの交響曲1番で、聞いていたお客様が『これはブラームスの1番』などと軽く盛り上がりました。 カラヤンの話も聞かせて頂きました。 なかなかクラシックを聞いている人は数が少ないので好きな方がいらっしゃったら是非色々とご教示下さいませ。

元は中学から高校までどっぶりとクラシックに浸かってました。
先日部屋の掃除をしていて古いものを捨てていたら、なんと当時聞いていたCDが出てきました。 他のは全部捨てたりしてるのに残していたのはいつかまた聞き出すだろうという勘が働いていたのでしょうか。 当時なんとも感じなかったのが今は大好きな曲だったりするのがまた楽しい。 チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番は好きで好きで聞いてました、そのCDにはなんとラフマニノフのピアノ協奏曲2番が入ってたのです。 ラフマニノフは全く興味が無かったのに今は大好きですからね。 なぜこれを聞いてなかったのか不思議なくらいです。

ホロヴィッツ演奏のショパン、ショパンのピアノ協奏曲1番、スメタナのわが祖国のCDが出てきたり取って置いてよかったですわ。 



まだまだ詳しくはないですがちょっとずつ勉強していきましょうと、、、、、

DSCF1558
こんな本を買ってみました。 ただ聞いてりゃ良いのになんでその人物や時代背景をしりたいのか自分を分析したら歴史がらみになるんですね。 この本にも年表が付いていたので見入っております。

この本の中でも






DSCF1559
のだめが紹介されている!

元から聞いているとはいえ思いっきり影響を受けた私です。
惜しむらくは以前モルティで『のだめ展』をやっていたのです、
当時全く興味が無く『なんだあのピアニカ持った変なアルマジロは!』、『のだめだかねだめだかわけがわからん!』と文句ばっかり言ってたのに今はどっぷり。。。 あんな面白いドラマを見逃したのは一生の不覚ですわ。 のだめ展は是非もう一度開催して欲しいと心より願っております。



えぬえっちけーで大河ドラマにのだめが出演してます。 スポクラで見ていたら
のだめですね、多分のだめにとってはのだめが素であると思われます。
のだめファンのためにもオルガンを是非是非弾いて欲しいものですわ。



このぐらいの気温ですと楽ですね。


1人で楽しむ鍋は『カレー鍋』に凝っている今日この頃です。 鍋料理が好きな方はこちらをぽちっと宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ


弊店のショーウィンドウはアーティストの皆様に解放して、ディスプレーして頂いております。


過去~現在のショーウィンドウ一覧
2009 5月~ イラストレータ SATOM
2009 7月~ 書カキビト tep-pei
2009 9月~ PINSTRIPE タカハシアキオ
2009 10月~ イラストレータ KICK-O
2009 11月~ ABE YUKO
2010 1月~ YAMA
2010 2月~ ABE YUKO
2010 3月~ SUNNY WRITER YOCO
2010 5月~ イラストレーター SATOM
2010 6月30日~7月8日 YAMA
2010 7月9日~8月 couji 製作協力E-comfort
2010 9月~ 書カキビト tep-pei
2010 10月~11月 YAMA
2010 11月~12月funa
2011 正月~ イラストレータ SATOM
2011 1月~3月 大内崇史 藤田五紀