PIC_0176
小説を探しに行ったのだが、ふと雑誌コーナーを見ると今月発刊号の『PEN』のタイトルが、『もっと知りたい戦国武将』。
買って来ました、次の日にこの雑誌に広告を掲載されたメーカーさんから同じ『PEN』が送られてくるという悲劇が起こりましたが。


そこで戦国武将の『鎧』を本人が装用していたと伝えられるもの、レプリカなどが紹介されていましたが、現代の我々でも『カッコイイ!!』と納得できるのはやはりこれでしょう、そう『伊達政宗』の鎧です。 兜は黄金色の半月の飾り、鎧、具足は光沢のある黒に金の飾り。 シンプルなデザインですが、なんともゴージャスな鎧です。 奥羽の覇者というだけではなく風雅な心も持ち合わせていた伊達政宗ならではです。

このブラック×ゴールドの組み合わせは最高!!と思っていたら、









PIC_0172
そうJAPONISM JN-466の新色『ブラック×ゴールド』が相通じますね。











PIC_0175
表はゴールド











PIC_0173
裏はブラック。 そして鎧もゴージャスなJN-466は伊達政宗の鎧の空気を感じさせます。










PIC_0174












歴史ネタから素晴らしいまとめに持って行きました。





毎度お手数ですが、こちらをポチット宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ