食だけではなく旅も一人で楽しむ主義の私が、茨城県の大洗水族館に行ってまいりました。 松島、マリンピア日本海、そして大洗と水族館に一人で巡るのに凝っている今日この頃です。 

この日は朝から豪雨。 7時半に家を出発する。
磐越道から常磐道乗り換え水戸大洗から大洗水族館へ向かうコース。
途中豪雨が集中豪雨へグレードアップ!!
運転している場合じゃないだろうとサービスエリアで休憩。
恐怖を感じるぐらいの雨でした。
なんとか大洗に到着して水族館に向かうが、新潟と違い看板がほとんど無い。
迷って原子力発電所の方に行ってしまった。

なんだかんだで水族館に11時過ぎに到着。


Image256
巨大な駐車場だと驚きや、しかし既に満車状態。
なんとか駐車していざ水族館へ、ラッコが自分を待っている。








Image235
たしかアジの大群。











Image236
海中トンネルより。









Image237
エイなど。











Image238
砂に同化中の鮟鱇。












Image239
カニ。 ホワイトストーンズの礼文日記で船長にご馳走してもらっていたあのでかいカニは食べてみたい。










Image240
マンボウ。










Image241
鮫。 新宿鮫っぽい鮫。










Image242
小さい鮫の卵と成長の様子。 グロテスク。
こちらの水族館は鮫好きなようであちこち鮫だらけ。
心の中で鮫水族館と呼ぶことにした。








Image243
小さい鮫??








Image244
何か。










Image245
陸上を飛び跳ねる魚。 隣でお子様連れのお父さんが『撮ってばっかりいないで見なさい!!』と、お母さんに叱責されていた。 そういえばマリンピア日本海では子供が怒られていた。










Image246
マンボウ。 あちこちに剥製もあり博物館っぽい。 そして体験コーナーもありテーマパークっぽくもある水族館です。










Image247
荒れている海。
荒れた海、ひねもすのたり、のたりかな。
荒れた海、なかなか良いかな、良かりかな。









Image252
赤い橋と港町。 クローズ兇任笋戮ょうすけが働いていた港町っぽい。











Image253
サーファーの方々が多かったが、浪に飲まれてさすがに危なそうでした。











Image254
世界最大級の鮫の剥製。
とんでもないでかさです、くじらかと思いました。










Image248
エトピリカ。 かわいい鳥です。










Image251
エトピリカ、情熱大陸。










Image249
ラッコかコーラッコ。











Image255
締めはペンギン。










いやー楽しい水族館でした。
次回はサンシャインか、品川か、八景島か。

次の目的地は『海鮮丼リベンジ』のため、那珂湊へ。
新潟のお寿司ではひどい目にあったので、悔やんでも悔やみきれない思いを
この日にぶつけました。
市場と食堂などが立ち並ぶお魚市場というのを楽しみにしてました。
しかし到着すると再び豪雨。 市場の画像は撮れておりません。
お腹も減ったので、勘ナビを働かせて一軒の食堂へ。





Image257
いくらなどは苦手なので、マグロイカ丼1.800円。
普通に美味しい海鮮丼でした。
しかし、理想の海鮮丼を追う旅はまだまだ続きます。
というか昨年の6月に山寺、松島、仙台に行った時に食べた海鮮丼が一番美味しかったかも。

その後市場を散策し、干物、おつまみ用するめなどを購入。
でっかい海老を串に差して焼いていたのを食べようと思っていたが、
豪雨と満腹で諦めました。

時間はまだ二時過ぎなので、近くのアウトレットへ。
行っただけで何も買うものは無かったので、そのまま帰路につきました。
帰りは雨も上がり夕焼けも出て快適でした。





週末は宝塚記念のドリームジャーニーのような狙った末脚のようで多忙で、
プライベートもなんだかんだとあってブログの更新がままなりませんでした。

先ほどちと提出しなければならない書類があり、そこで『自分がこの会社に勤めていた時なって平成何年??』と記載する欄があり、困っておりました。
しかし、『ブラックホークが安田記念勝った年じゃん!!』と、気が付き『ブラックホーク』でネットで検索して無事記載することが出来ました。
競馬も色んなところで役に立つモンです。
しかしそういう思い出が無い年はどうなってしますのでしょうか。




毎度お手数ですが、こちらをポチット宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ