先日、実家に久しぶりに行った。 
ということはあの狂犬『ぼく』との対決が待っているのだ。
噂では冬場になり寒くて散歩もさっさと帰ってくるそうで大分太って巨大化したそうだ。

玄関の前に立つといきなり『わんわん!!』とドア目掛けて狂犬が飛び掛ってきた。
飼いならす為に人間用ビーフジャーキーと犬用ガムを持参して対決開始。
顔はなんとなく覚えたようだが、まだ警戒心が解けないよう。


Image068
ビーフジャーキーを餌にしたが、お互い恐いので離れて対決。 お手、お座り、おかわり、そして『わんわんわん』と人の声を真似して餌をあげる。








Image070
距離が大分詰まってきた、ビーフジャーキーを目の前にして良い顔!!









Image069
ミルク味のガムを咬んでいるが、狂犬兼ばか犬の為に咬む強さの加減が出来なく歯から出血し、ガムを血だらけにしながら夢中になってガムかじり。
ほんと恐い。
しかし、『この人は餌くれる良い人だ』と認識できたようで、、、、







Image074
初めてまともに触れた!!










Image073
頭撫でてみました、落ち着きが無く画像を撮るのが大変。
しかもでかいだけあって、力がものすごい。







Image072
寝姿。 もう寝ろ!!と寝場所(人と一緒)まで連れて行くが、また自分のところに戻ってきた。  さらに、、、







Image075
『遊び友達!!』と思ったようです。 この犬は人の袖で遊ぶのが大好きで、着ていたフリース目掛けて飛び掛ってきます。 知らない人が見たら、確実に人が犬に襲われていると勘違いすることでしょう。 暴れると色んなものがひっくり返り、じゅうたんはめくれ部屋がめちゃめちゃになります。 2歳なのにまだ子供。

人がお風呂に入るのも追っかけてきました、こうなるとかわいいですねー。

しかし朝起きるとまた『わんわん』と吠え掛かってくる。 どうやら番犬として仕事しているというのを飼い主に見て欲しいのでしょうか。
慣れたと思ったら、またこれかい!!

対決は続きます。


本日はジャポニスムONLYなお得意様に、先日のJN-1001ハイステージモデルをご購入頂いたときに、気になられていたJN426 C-14を『この前のあれを!』といらっしゃいました。
ありがとうございます。






毎度お手数ですが、こちらをポチット宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 福島情報へ