999.9に在庫の確認をと電話をすると『N○○プ○○です。』 うおー!自分が以前営業をしたいた会社に電話してしまった! 出た方が知らない方だったので『間違えました―』と切りました。 同じ03-5○○○だし似てるのです。 何で999.9に電話したのに前の会社に繋がるの?と、一瞬頭が真っ白になりました。 ここの社長は営業マンとしての遺伝子を授けてくれた方なので、しばらくぶりに会いたいですねー。


今日、京王百貨店で起こった事件を髣髴とさせる事が。 ご婦人がお店の前のショーウィンドーを見て、『このケースいくら?』 ブランドオリジナルケースだったのでそれを説明し『お売りできるのはこちらです』とお話するといきなり切れだした。 『紛らわし事するんじゃない!』と言うことを絶叫していらっしゃいました。 私、誰であろうと絶対不条理なことは許せない(これを上の社長から学びました)ので、武闘派と呼ばれる力を発揮いたしました(口頭でね)。 季節の変わり目で気が立ってるのかしら。


本日は忙しい! まるで土日だ! 
特に,ついにJAPONISMファンになって頂いたK様、JN433をご購入。 是非是非お使いください! と、ラビリンスBY影郎D/WのNUDE、JAPONISM420のパールホワイトを見事にかけこなすT様が、12本入りケースをお受取に(そう、カタログでそんなケースを選べます。 サンプルは私が持ってますので)。 今度は普通のが欲しいとイエローズプラスのフレームを気に入って頂きました。 さわには男性の方に999.9 NP13を。 他にGOSH、ハスキーノイズ、TI-FEELが。この時点で二人営業がつらいことに気が付く。 一息ついて夕方には先日アン・バレンタインをご購入頂いたN様が。 誰も持っていなそうなフレームをお探しだそうで、色々調べたことをお聞きした。 確かにインポートものって貴重な感じがするが、国産ブランドにも非常に独創的なデザインがあるのを知って欲しく私の話を聞いて頂いた。 そしてとあるブランドのフレームをご紹介いたしました。

余談ですがちと長くなります。私は誰の持ってないものを欲しいとか、有名なブランドが欲しいとかよりも大事なことがあると思います。 自分が誰よりもきれいにかけこなせる眼鏡を選ぶべきではないでしょうか。 うちも人気のあるブランドを扱っており、WEBのカタログを見てご指名で品番・カラーまで言ってこられる方があります。 そんな時私は欲しいものよりさらに似あう物をお選び致します、そうするとこちらのお客の満足感が大きくなるようです。 腕時計までならカタログで選ぶのは我慢できる(個人的にはこれも許せない、いつでもロレックス・オメガのダイバー系かけりゃいいってもんじゃない、スーツにはパテックとかIWC、バシュロンコンスタンタンが絶対いいはず。ブルガリ、カルティエもいいね)。 眼鏡を顔にかけるもので、顔立ち、服装全ての要素を考えて選ぶものです。 顔立ち、服装も考えず奇抜なものがいいとかければ顔の上はまるで『遊園地』状態(また使わせてもらいました)。 時々そんな方を見かけてがっくりきます、似合って無くても自己満足でいいのかなーと。

と、長くなりましたがここで私が『絶対、これをかけて欲しい』と、紹介したブランドの名前を言いたいのですがやめておきます。  

こんな話を聞きたい方は、平日なら何時間でもお相手しますのでいらして下しませ。 似合う1本を真剣にお探しいたします。