ショーウィンドウ
 PRODUCED BY K・E 実物はもっときれいです。


先週の金曜日にショーウィンドウ(らしきもの)をバレンタインバージョンにしてみました。ここのディスプレーは女性スタッフkが担当しております。学校で空間デザイン?を専攻していたそうで、毎度きれいに飾ってくれています。宜しければ、ご覧になりにいらして下さいませ。さて、今日のお客様は以前999.9をご覧になったS様がご来店され、新作のS-601Tをご購入頂きました。999.9を今回で4本?お持ちだそうで、以前は伊勢丹の直営店で買われていたそうです。999.9の直営店に負けないようサービスの向上に努めますので、今後とも宜しくお願い致します。夕方には男性のS様がご来店。Kが接客させて頂き、ちらとおかけの眼鏡を見ると『もしや、アンバレンタインでは?』と見させてもらうと、やっぱりそうでした。インポートブランドってきれいですね。当店は基本的に国産ブランド好きなお店なので、たまにインポートものを見るとはっとしてしまいます(しかし、影郎デザインワークスの作品にはインポートの香りがします)。S様はお仕事で使えるセルフレームをお探しだったとのことで、正義作をご購入。テンプルがごついタイプで、正義作の中では個人的に一番かっこ良いと思っていたフレームでした。この正義作は職人さんが1本1本手作りで仕上がるフレーム。なので一度なくなるとまた入荷するまで数ヶ月待つのがざらです。で、Kとまた数ヶ月待ちだと話して(いつも眼鏡をご購入頂いた後に、娘を嫁がせる父親のような気分になる私とKです。嬉しいより、あーまた何時間でも眺めていたい眼鏡が無くなったと。)、ふと日課となっている影郎デザインワークスのHPを見ると『在庫が少なくなっている』と、コメントが。。。。なにっ―!?と、当店で軽くブームになっているTABUの(特に黒マット!)がほぼなくなっている。しかも発売未定。。。。『影郎よお前もか』。土日に3組ほど黒マットをご覧になってます。これを見た方、当店に1本しかないですよ!早い者勝ちです。早く再生産してください!(他にもJAPONISM BCPC イエローズプラスでは本当に泣かされています。ま―希少だっていうのが良いんですけどね)