郡山市 眼鏡専門店「Syozo ショウゾウ」

「ハイクオリティ」 「ハイセンス」 もっと素敵に輝ける眼鏡を         Syozo―ショウゾウのブログです。  

郡山市 眼鏡専門店「Syozo  ショウゾウ」 イメージ画像

2007年03月

何件かお問い合わせを頂いたのですが、リドルの白はこちらです。 女性に圧倒的な人気を誇ったイエローズプラスのNO573が再入荷致しました!! 今月の締めはやはりJAPONISMで、439.431.440.424-Eが。 最近セル枠が多いような気がします。 『昭
『イエローズプラスのNO573が再入荷しております。』の画像

先日のトランクショーでJAPONISM444をご購入頂いたH様です。 以前より当店をご利用頂いているのですが、今回はデザイナーさんに選んで頂いたということもあり、ご本人も待ちに待ったJN444です。 とても喜んで帰っていかれました。 かっこえーわー。  ご年配方がうちに
『見よ!! この方を!』の画像

今回もBCPCをご購入頂いたW様。 レンズは眼精疲労抑制レンズ『レブラ』にて。 NPコートにより物がくっくり見えて、なおかつまぶしさを抑制して眼に優しいレンズです。 オフィスワークを長時間行う方には是非お薦めのレンズです。 お得意さまでにはお見
『オリジナルでケースを作ってみたくない?』の画像

N様には今回も正義作を御購入頂きました。 来週の水曜日は展示会で東京へ。 晴れていたら、早めに東京へ着くようにして上の公園に花見へ行きたいと思う。 頼むから散らないで残っていてくれ。  午前中よりサトムさんが遊びに来られ、999.9のO-10Tをお受取
『結婚式用の眼鏡』の画像

福島は桜の開花にはまだ早いですが、外のディスプレーをこんな感じにしました。 スタッフ渾身の作品だんごです。 こちらはなんと桜餅! ディスプレー任せておいたら凄いもん作ってくれました。 血圧が『理想値』より下が
『血圧』の画像

TWINSをおかけのK様です。 他にもPOISON C-90をお持ち。 ご主人様もTABUとDEJAVUⅢをおかけの影郎一家デース。 今月はJINXが絶好調!! こちらの黒ピンクも本日眼鏡をお受取に来られたY様にご購入頂きました。 一目惚れだったそうです。  今週の王
『今月はJINX』の画像

雪一面の大通り公園。 サッポロファクトリー。 サッポロビールの記念館に併設してある商業施設です。 広すぎて迷う。 ここでミーちゃんからお願いされていたご当地キティーを探したのだが、親切な店員さんに『これが新作で、これが冬季限定で、クラー
『北海道旅日記 最終日 札幌編』の画像

スケート見ましたか? まおちゃんで泣いて、安藤さんでまたもらい泣きしてしまいました。 1、2位とはすごい!! 私も勇気を貰いました。 私は1.2.3位を当てる作業を致しまーす。 このブログのタイトルは競馬の予想付きです。 明日は高松宮記念、とても難解な

最終日は8時発の札幌行き高速バスで移動。 寝る時に神経質な私は中学のときより耳栓、就職してからはアイマスクが必需品。 もちろんバスの中でもこれらを装着すれば熟睡できる。 起きたらもう札幌だった。 最終日は商業施設を周ろうということで、札幌駅周辺をうろう
『北海道旅日記 最終日 札幌歴史的建造物編 』の画像

ラーメンを食べて、ホテルにチェックインした後についにホクトメガネ様へ。 乱入。 店内です。 40号線にかかる橋が良い味をしていた。 びっくりなのが道路の広さ! 6車線でもいいんじゃない?と思えるほど広い。 50本が並ぶラ
『北海道旅日記 ホクトメガネ様、そしてつぼ鯛編』の画像

先日風邪をひいて病院へ行ったら『インフルエンザではなくただの風邪ですね、とりあえず血圧を』と、測ってみると『ちょっと風邪より高血圧だよ』と、きついお叱りが。 高血圧の意味もわからず聞いていたのですが、上が160、下が110でカルテにはしっかりと『高血圧症』のは

麓郷の森の入り口。 我々の他にはマニアの男性4人組が。 丸太の家。 丸太の家内部。 五郎さんのニット帽発見。 一緒に見ていた男性4人組の方も興奮していた。 これは全くわからない古い家。 相当古く
『北海道旅日記 富良野編その5』の画像

拾った家へ向う途中で小野田旅館発見!! ちゃりんこで麓郷まで来るつもりだった私は多分やったら確実に遭難しただろう。 麓郷まで山道なんですよ。 拾った家到着!! 旅行シーズンならば観光客でたくさんのはずなのに、なんと我々だけの貸しきり状態だ
『北海道旅日記 富良野編その4』の画像

当ブログをご覧の方なら、以前とあるサイトで『北の国からツアー』を掲載していてそちらと被る内容も一部ありますが、今回の旅のメインである『北の国から』の聖地を訪ねた。 北の国からは『89 帰郷』から見始めてそれ以来のファンである。 私もかなりマニアックと思って
『北海道旅日記 富良野編その3』の画像

ドラマは見てなかったが、思わず感動『森の時計』です。 10時半ぐらいに入店したのですが、運良く先客はご夫婦一組のみ。 まったりとした時間を楽しめた。 自分で豆を擂るのです。 うーんこれ持って帰りたかった。 このコースターは
『北海道旅日記 富良野編その2』の画像

7時の高速バスに乗るために5時半起床。 実は早めに寝ようと11時半に床につくが次の日になんせあの高校より見ていた北の国からの舞台、憧れの『富良野』に行くということに興奮して全く眠れない。 結局寝付けたのは4時過ぎか。 震えるほどの楽しみを感じるのはなん
『北海道旅日記 富良野編その1』の画像

本日は4日ぶりの出勤。 報告を聞いたらとても忙しかったそうです。 今週は伊達眼鏡率が多く、ラビリンスby影郎D/W、ジャポ等が複数ご購入頂いていた。 本日もJAPONISM426-E、そしてアン・バレンタインのインプレッション、999.9等。 今日から数回に渡り北海道旅行日記を
『北海道旅行日記 札幌初日編』の画像

夜は北海道旅行記を掲載するので、先にこちらを。 今回は彼女様の贈り物でJN312-E レッドスパイダーを。 JN424をお持ちのS様。 Y様はJN431に続き、今回はJN419新色を。 ここから特集だ。 皆さんご存知の方も多いと思
『トランクショーにて3』の画像

福島に帰ってきてしまいました! 『帰りの便よ、欠航になれ!』と密かに願っていたのですが、時間どおりに出発し5分早く福島空港に到着してしまいました。 正直『あと3日 欲しかった』と言うのが感想です。 でもほんと楽しかった、ストレス発散が出来ました。 ホクト

千歳に着いても、着陸できなあ場合は福島か羽田に引き換えしまーす、という恐ろしいアナウンスもあったが一時間半遅れて無事北の大地へ着陸。天候のせいか急激な高度変化がありかなり怖い思いを。 出発前には胴体着陸の生放送を見て、なんと今日は悪い日かと。ホテルに荷を起

飛行機が新千歳空港の悪天候のため遅れた上に、飛んでも着陸できないらしい。 今高知空港の着陸を空港のテレビで見ていた群衆から拍手が上がっております。

朝起きて外を見るとゆ、雪が積もっている!! 車も雪を降ろさないといけない状態だし、もー雪は2月に降ってくれ!  お店に行っても尋常じゃない寒さだ、しかし私がお店に着く前にすでにJAPONISM424-Eを学生さんがご購入されたそうだ。 こんな雪の日に朝早くからありが

今日は雪が降ってました。 とても積もるような降雪ではありませんでしたが。 福島在住中にこんな雪が積もらん冬は多分無かったと思います。 14日の富良野はどうやら雪らしいです。 寒いんでしょうねー。  そう、大変なことに気が付き初日は札幌でまず水曜どうでしょ
『雪の日』の画像

幻に近くなっているJN401をおかけのS様。 今はすっかり眼鏡っ子。 JN-401Eを先行予約されたT様。 他にもJN419.439等をお持ち。 JN424Eをご購入頂いたH様。 ド迫力顔面アップの記念写真をプレゼントいたしました。 来週
『BCPCが絶好調!!』の画像

今日、恐れているとある方から電話を頂いた『ブログ見てるけど、トランクショーが終ってから気が抜けているぞ、だから風邪などひくのだ、気合いを入れ直せー』という怒りのお電話だった。 確かにほっとはしていたが、気は抜けていない。 でもブログの手は抜いていたのは事

JAPONISM JN-401Eレッドスパイダーを先行予約。  うちに1本だけ入ったJN427をご購入頂いたK様は、JN433のテンプルレッドカラーにて。 上のK様とはお友達、今回はJN426Eにて初ジャポ!! 体調が思わしくなくお店で更新いた
『トランクショーにて2』の画像

店では解熱剤でごまかしていたが、夕方七時半に効き目が切れてふらふらになり家に着いて、お風呂入って寝ました。 熱が数年ぶりかな、38度越えです。 先ほど目が覚め楽になったので意地の更新を致します(現在旅番組を見ております、イタリアを車で旅行しているようです)
『トランクショーにて ^嫦呂旅洪靴任后』の画像

ブログの更新が遅れてしまいました。  最終日の日曜日も朝から閉店まで大盛況で無事に終えることが出来ました。 用意した記念品も閉店を待たずに全て無くなるほど(実は、暇だったらどうしようと金曜日、土曜日は眠れなかったのだ!)! いらして頂き一緒にトランクショー
『トランクショーお蔭様で大盛況でした!!』の画像

私、朝食を取ると胃がもたれるので昼夜の2食です。 本日は『昼食は食べない!』と気合を入れて臨みました、しかし食べないではなく食べられない1日でした。 ふと気が付けばお手洗いも閉店間際まで一度も行ってないし、空腹も感じませんでした。 生涯の中で最も話しまくっ

↑このページのトップヘ